ぎゅっとONOMICHI 尾道空き家対策専門家協議会

ぎゅっとONOMICHIとは

高齢化や人口減少をその要因とする「空き家問題」は全国的にも大きな問題となっています。空家等対策特別措置法の制定を含め、官民を問わず、さまざまな視点から解決に向けた取り組みが行われていますが、しかし、実際には、既存の空き家や、将来空き家になる可能性の高い状況にある不動産に対する、総合的、即効性のある取組みには未だ至っていないのが現状であると感じています。もちろんそれは、私たちの住む街も例外ではありません。問題は、今も静かに深く進行しています。

この度、尾道市内に籍を置く、弁護士、司法書士、税理士、土地家屋調査士等の各専門士業を中心に、尾道市の空き家、空き店舗増加問題、空き家予備軍の解消問題の解決に向け、その業務の垣根を越えた「専門家チーム」を表記の名称により設立させるに至りました。

かつてのようにたくさんの人達が暮らす街、たくさんのお店で賑わう街、そしてたくさんの人がそれを目指して力を合せることのできる街。
微力ではありますが、我々「ぎゅっとONOMICHI」の活動が、尾道市内の人口減少、高齢化、過疎化等を理由とする空き家・空き地問題を解消する一助になれば幸いです。

空き家を解決するために必要だけれど分かりづらい手続きや申請をはじめ、空き家に関わる様々なご相談を承り、適切なご提案をさせていただきます。
お一人で迷わずにお気軽にご相談ください。

  • 「ぎゅっとONOMICHI」へのご相談には、費用は一切かかりません。
  • その後の各専門家への依頼などには、費用は発生いたします。

空き家のこんな心配ごと・悩みごと、ありませんか?

自分や家族の空き家

  • 病気になって入院することになった。長期の入院になりそうだが、自宅を長く空けることになるので心配。
  • 田舎で一人暮らしをしていた父親が認知症になり、施設に入所して、実家が空き家になった。
  • 田舎に放置していた空き家が老朽化して、解体しなければならなくなったが、すぐにまとまったお金を用意できない。解体に必要な手続きもよくわからない。
  • 相続した空き家を売りたいが、法的な手続などがよく分からない。

…など

他人(近隣)の空き家

  • 隣家が空き家。最近、特に傷んできていて建物が崩落しないか心配。
    実際に瓦などが自分の敷地内に落ちてくることもある。
  • 不審者の侵入や動物の棲家になることが不安。
    治安や防犯面の低下が気になる。
  • 所有者が誰だか分からない。
  • 貸してもらいたい。
  • できれば購入したい。

…など

役員・正会員紹介

役員

<代表>司法書士 山本 学 山本司法書士事務所
<副代表>弁護士 山内 奈保子 山脇・山内法律事務所
<副代表>税理士 瀬尾 暁史 瀬尾税理士事務所
<役員>不動産仲介業 柴田 清一郎 タカセ不動産(株)尾道店店長
     
<監事>税理士 瀬戸 務 瀬戸務税理士事務所

正会員

金本 佳三[司法書士・行政書士] 
松本 健二[土地家屋調査士] 
三次 正訓[土地家屋調査士・行政書士] 
積水ハウス(株)尾道店[建設業] 
(株)加度商[建設業] 
(株)功機[建設業] 
(株)タカハシ[不動産仲介業] 

相談の仕組みと流れ

問題把握・分析・方向性の決定
聞き取りをし、ぎゅっとONOMICHIが問題点の抽出・把握。
解決すべき点のピックアップ。解決法と道筋をすべて提供いたします。

※各専門家への相談、事案処理の依頼には、それぞれの専門家の料金体系に基づいて費用がかかります。
※費用の額は事案によって異なりますので、ご相談の際にお問い合せください。